引越しの手続き

ファミリーのお引越しでは、様々な手続きを行わなければなりません。
やり忘れのないよう、最初にチェックリストを作っておくと良いでしょう。
今回は引越しが初めての方に、引越し手続きについてご案内いたします。

段ボール 川崎市中原区 引越し

ファミリーが引越し前にやること

≪引越し数か月前≫
・賃貸契約の解約
賃貸物件にお住まいの方は、引越しが決まったら不動産会社に退去を伝えます。
遅くとも、退去日の1ヵ月前までに解約書類を提出します。

・子どもの転校届
お子さんが現在通っている学校の担任の先生に、転校の旨を伝えます。
学校側で「在学証明書」や「教科書給付証明書」などの書類を作成しますので、遅くとも1ヵ月前までには伝えましょう。
ちなみに、川崎市中原区には約20もの小学校があります。

・引越し業者選び
引っ越し費用の見積もりを数社から取り、引越し業者を選定します。

・固定、携帯電話、インターネットの住所変更
契約している電話会社やインターネットプロバイダーに連絡して早めに手続きを行いましょう。

・郵便局の転送届
引越し後1年間、旧住所宛ての郵便物を新住所に無料で転送してもらえます。
最寄りの郵便局で、転居届を提出します。

≪引越し一週間前≫
・転出届
引越しの14日前から現居住地の市町村役場に提出します。
「転出証明書」を交付してもらい、新住所の市町村役場に提出します。
手続きには印鑑と身分証明書が必要です。
川崎市中原区にお引越しの場合は、川崎市役所に提出です。

・印鑑登録の廃止(他の市区町村へ引っ越す場合)
転出届を提出した時点で自動的に廃止されます。

・福祉関連手当の消滅手続き(他の市区町村へ引っ越す場合)
市区町村役場の窓口で申請を行います。
手続きには印鑑と「転出証明書」が必要になります。

・電気・ガス・水道使用停止手続き
現在利用している会社や水道局に連絡します。

ファミリーが引越し後にやること

・転入届
以前の住所の市区町村役場でもらった「転出証明書」を、転入後14日以内に新住所の市区町村役場へ届け出ます。
印鑑が必要です。

・印鑑登録手続き(他の市区町村へ引っ越す場合)
転居先の市区町村役場で届け出ます。
実印登録する印鑑と、身分証明書が必要です。

・福祉関連手当の認定申請(他の市区町村へ引っ越す場合)
転居先の市区町村役場で届け出ます。

・運転免許所の登録住所変更手続き
転居先の運転免許試験場、所轄の警察署運転免許窓口に届け出ます。
その際には免許証と住民票、印鑑が必要です。

・子どもの転入学届
市区町村の教育委員会で「転入学通知書」を発行してもらい、「在学証明書」・「教科書給付証明書」と一緒に指定された学校に提出します。

・電気・ガス・水道の使用開始手続き
電気はブレーカーに付いているはがき(申込書)に必要事項を記入し、ポストに投函します。
ガスの使用開始をする際には開栓作業を立会いで行います。
水道局には使用開始日を前もって連絡しておけば、引越し後すぐに使用できます。

ファミリーの引越し手続きについてご紹介しました。
事前にいつ何を行うかを理解しておけば、慌ただしい引越し後もスムーズに新生活が始められます。
川崎市中原区の新築戸建てをお探しなら、TGBホームにお任せ下さい。
地域をよく知るスタッフが、お客様の理想の住まいをご紹介いたします。

2016年には川崎市内の区として初めて人口25万人を越え、今後もさらなる発展が期待されている川崎市中原区。
川崎市中原区にファミリーで引越すなら、新築戸建てを選びませんか。
TGBホームでは、仲介手数料無料、または半額で物件をご紹介しています。
物件探しは是非スタッフまでお声掛けください!

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク